クライスラー 300Cツーリング 

r300c.exblog.jp
ブログトップ
2010年 01月 05日

車検証への牽引記載

300Cでトレーラーを牽くためには、トレーラー側の車検証に、牽引する車両の型式を登録するか、
牽引する車両側の車検証に最大牽引重量を登録する必要があります。
後者のほうが、他のトレーラーやキャンピングトレーラーなど幅広く牽引することができるのでお薦めです。

陸運局へ行って、受付で備考への記載追加を話すと、計算書なる書類をくれます。
この書類、難しいそうな計算式に数値を入れて荷重を出すようになっています。
しかし、心配無用です。
この書類をもって車で指定された検査ラインへいくと、駐車ブレーキの測定をしますね!
って言われて、指示に従ってサイドブレーキを踏みます。それで終了でした。
あとは検査データに基づいて、その場で計算してくれて結果を記載してくれます。
これをもとに申請書類へ記入して提出すれば終了。約30分ほどです。
新しい車検証の備考にしっかりと記載されました。
これで法的にも安心してトレーラーを牽引可能になります。

別にヒッチを付けていなくても、何かを引っ張る予定がなくても、暇な時に陸運事務所へ行って
車検証に記載だけすることが出来るので、ぜひお試しください。
登録費用は申請書類代の50円でした。

f0112934_235569.jpg


f0112934_2363240.jpg
[PR]

by 300C_LIFE | 2010-01-05 22:52


<< 青山表参道から六本木へ      ヘッドライト8000Kへ変更 >>